2006年8月11日 西穂高岳独標
かわちゃんの楽しい山歩き

夜発〜ひるがのSAの芝生でテント泊〜新穂高ロープウェイ〜西穂山荘〜西穂独標(往復)・・・新平湯温泉で宿泊
天気予報は,11日午前中だけは晴天とのこと。仕事も残ってるけど,アルプスの眺望の誘惑に負けました。

西穂独標から穂高方面を望む。


西側は,笠が岳が美しい姿を見せていました。


遠く雲海に白山連峰が浮かんで見えました。


登ってきた方向を見ると,乗鞍岳・焼岳が重なるように見えていました。

早朝,平湯バスターミナルからの笠ヶ岳。 運転してきたサーフの記念写真。
槍ヶ岳も朝日に輝いています。 朝1番のロープウェイに間に合いました。
北アルプスを堪能できます。 笠ヶ岳をバックに。
焼岳をバックに。 目的地の西穂高岳独標です。
さあ,朝ご飯を食べた後,独標に向かって出発です。ダッシュで行ってくるから待ってろよ。
登山道から時々西穂高岳が見えます。 西穂山荘に到着。約1時間で着きました。
フウロはかわいらしいですね。 クルマユリも艶やかです。
西穂山荘は結構な人数でした。 さあ,西穂山荘をあとにします。
西穂高岳をバックに。 だんだん穂高連峰が右側に見えてきました。
振り返ると焼岳・乗鞍が美しい。 だんだん岩がごろごろしてきました。
ウスユキソウも可憐ですね。 これは何かな?
○○キンバイ? ○○キンポウゲ? それとも・・・。
青空にそそり立っています。 目を和ませてくれますね。
独標に到着です。 前穂高岳をバックに。
本当は山頂まで行きたかったんだけどなあ。 岩壁にひっつくように咲いています。
下山中に振り向くと小さな人影がいっぱい。 ピンボケでごめんなさい。
振り向くと登山道が綺麗なラインでつながっています。登っていく人も多いですね。
下山中もずっと青空が続いていました。 お花は少なめでしたね。
西穂山荘まで下りてきました。ここにも診療所があります。
トリカブト これは?
下山中,樹間からのぞく笠ヶ岳。 木道が出てきたらもう安心ですね。
鍋平ではイワギキョウなど,結構お花が咲いていました。
下りのロープウェイの車窓から。
朝から1日中青空なんて,本当にラッキーでした。命の洗濯ができました。
今回は,足にギブスをしている妻と一緒でしたので,変則的な旅になりました。
独標への登山はかわちゃんの楽しみ。温泉でのおいしい料理とお風呂は妻の楽しみ。
帰りは,高速道路を使わずゆっくり景色を眺めながら車を走らせました。