2006年8月19日 裏銀座・雲ノ平(第2日目)
かわちゃんの楽しい山歩き

三俣山荘(5:40)〜鷲羽岳〜水晶岳(8:45)〜東沢乗越〜野口五郎小屋(12:20)〜烏帽子岳〜烏帽子小屋(16:00)

2日目も最高にいい天気です。
「今日は雲ノ平山荘まで行って,のんびり庭園散策をしようかな。」と
思っていたのですが,裏銀座の稜線を見て,
「こりゃ稜線をルンルン気分で歩くしかないでしょ。」ということで,
裏銀座を烏帽子まで行くことにしました。
ただ,こちら方面は水の補給が大事とのこと。

なんと水晶小屋では,水不足のため宿泊客以外には
水をお分けできないとのこと。
やはり,水というのは大変貴重なものなんだなあ。

鷲羽岳山頂から


同じく鷲羽岳山頂から


夜が明けました。 雲が早くも湧いてきています。
かわちゃんも出発です。 三俣山荘をあとにして。
鷲羽岳に向かいます。
美しい山の姿です。
鷲羽池を見下ろしながら槍を遠望します。
鷲羽岳山頂です。 ワリモ岳から水晶岳へと続きます。
水晶岳が迫ってきました。 イワギキョウも元気に迎えてくれています。
ワリモ北分岐まで来ました。 薬師岳を遠くに見ながらのお花畑。
水晶小屋まで来ました。
ここでザックをデポして水晶岳に行きます。
水晶岳へは,なだらかな道が半分・岩場が半分。
結構な岩場で梯子もあります。 水晶岳山頂に着きました。

水晶岳山頂より・・・中央から斜め右に向こう側にのびる尾根は,赤牛岳を越えていく読売新道


今回の山行の一番の目玉。雲ノ平がすぐそこに見えています。

水晶岳からむこうは読売新道です。 水晶小屋に戻ってきました。
あまりの良い天気なので,裏銀座を進むことにしました。
東沢乗越で小休止。 真砂岳に向かいます。
竹村新道との分岐です。
で〜んと横たわる野口五郎岳。 中央に小さく野口五郎小屋が見えてきました。
水を補給していきます。 さあ,烏帽子方面に向かいます。
ガスが大量に発生し始めました。 こうやって時々ガスが晴れることもあります。
おもしろい岩がごろごろしているところがあります。 いよいよ視界が悪くなってきました。
ここから,ぐんぐん下っていきます。 このあたりはコマクサの群生地です。
樹林帯まで下りてきました。 ひょうたん池が見えてきました。
烏帽子小屋のテント場です。 山小屋付近はお花がいっぱいです。
烏帽子小屋に到着。
ここは富山営林署の管轄なのですね。 ここの夕食は天ぷらが冷たかった。

裏銀座の縦走は,とても気持ちよかったです。
ただ,午後からはガスがいっぱい出て視界が悪かったです。
やはり,朝の早いうちに,いっぱい楽しむことが大切ですね。
今日,烏帽子小屋に泊まり,明日は雲ノ平山荘に泊まることにしました。
そのことを家内に電話したところ,話がうまく伝わっていなくて,
後でH先生を巻き込んで,かわちゃんの遭難騒ぎになっていたようです。