2006年10月6日 涸沢(第1日目)

10月の連休を利用して,涸沢テント泊をTさんと計画。天気予報では,前半2日は雨・後半2日は晴れとのことでしたが・・・。
案の定,上高地入りの初日は雨。しかも一日中降り続く雨。上高地から横尾までは,水たまりの道をひたすら歩きました。
涸沢に着いたら,手が凍えてしまって,テントを張るひもが結べない。ガタガタぶるぶる震えながらのテント設営でした。

涸沢ヒュッテから涸沢小屋方面を望む。左奥は奥穂高岳・右奥は北穂高岳がそびえる。

この日はドシャブリの金曜日ということもあり、右下方の幕営場はガラガラでした。

アカンダナ始発のバスで上高地入り。 徳沢で雨宿りです。
徳沢もまあまあ紅葉していました。 横尾に到着してカップヌードルを食べる。
この横尾の吊り橋を渡っていきます。 本谷橋に到着です。
雨のため、インナーウェアもしっかり濡れています。 さあ、ぐんぐん高度を上げていきます。
涸沢が近くなってきました。上部はガスっていてよく見えませんが、下部はきれいな紅葉が広がっていることがわかります。
涸沢に到着です。見事な紅葉です。これが青空の下だったらなあ・・・。とにかく寒い。早くテントを張ってしまおう。

2006年10月7日(涸沢2日目)

昨夜から,ずっと雨が降り続き,今朝も雨。明日は天気が良くなるらしいとのことなので,この日はテントで停滞を決めました。
テントの中で,食っては寝て,飲んでは寝るという生活を送っていました。これ以上眠れないなと言うくらい,爆睡していました。
この日,奥穂高岳に向かうザイテングラードで滑落者が出たとのこと。
ヘリコプターの音が何回も聞こえ,レスキューの人がケガ人を運んでいきました。

テントから見た下り斜面の紅葉。 これが私たちのテントです。
奥には涸沢小屋が見えます。

第3日目に
進む