2007年1月22日〜27日 オリセン研修

22日〜26日までは登録者研修会,27日は配偶者研修会でした。
高雄日本人学校に一緒に行く4人は,教頭先生を中心に見事なチームワークです。
配偶者研修会の後,東京は高校生以来という家内に浅草・両国・隅田川下りを案内してあげました。
「歩くのが好きだからといって,浅草から両国まで歩かさないでほしかったな。」と後で言われました。
ここが研修会場の「国立オリンピック記念
青少年総合センター(通称オリセン)です。
宿泊棟も立派です。スポーツ関係者だけでは
なく,演劇や他の様々な団体が利用していま
した。国際色も豊かでしたよ。
2日目は健康診断に行きました。
レントゲン車が故障(?)とかで,すごく長い時間
待たされました。
帰りは,原宿駅で降りて,代々木公園をずっと
歩いて宿舎に戻りました。正面のゲートは
明治神宮の入り口のゲートです。
ここは「ごりんばし」。オリンピック記念の橋です。
代々木公園を横切って帰るって,どうやって知ったかって? それはね,一緒に派遣される教頭先生が東京の方で,いろいろと教えてくださった
からですよ。代々木公園には,漫才の練習をしている若者達もいました。
引っ越し業者との交渉もありました。 一緒に派遣されるM先生。引っ越し料金の交渉や研修室でのメールチェックなど,
高雄日本人学校派遣の代表で,大変お世話になりました。
宿泊室は4人部屋でこんな感じ。テレビも何も
ありません。2人が高雄,もう2人が台中派遣
です。すごく仲良くなりました。
研修風景。講義形式もあれば,このようにグル
ープ討議やロールプレイなど,多種多様です。
派遣国別や出身県別,教科別など,
いろいろな形態で研修が進められました。
これが高雄派遣のメンバーです。
東京のS先生,愛知のM先生,
山口のI先生です。
どうぞよろしくお願いします。
ここからは,オプションです。配偶者研修会の
翌日,浅草見物に出かけました。
高層ビル群よりも下町の方がいいかなと思って浅草・両国・隅田川下りを案内してあげました。
雷門の前で。 後ろの金色のモニュメントはウンコでは
ありません。ビール会社の象徴です。
浅草から両国まで二人で歩いていきました。
両国の江戸東京博物館に行きました。ここを選んだのは,東京から派遣される教頭先生に勧めていただいたからです。ものすごく広くて,
「これは,1日たっぷり見て回れるなあ。」と思いました。「江戸城展」という特別展も催していて,見所満載でした。
両国国技館,日本相撲協会です。 春の山の引退式典が行われていました。 関取ののぼりが鮮やかですね。
よく聞く名前も並んでいました。 最後は隅田川の川下りです。 船からは東京タワー,六本木ヒルズ,お台場
など,東京の名所が一望できました。