2007年8月22日 台南研修視察

研修視察で台南に行きました。台南はもともと都があったところで,「台湾」という呼び名も「台南」からきているとか・・・。
とにかく由緒ある建築物がたくさんあり,「石を投げれば史跡に当たる」とまで言われているそうです。
もちろん,おいしい食べ物も多く,試食タイムも設けられていました。台南の街はオススメですよ。
奇美博物館です。ここは,奇美実業の会長:許文龍さんが私財を投じて建築し,一般に無料で開放しています(要予約)。
彫塑・武器・絵画・楽器・動物・昆虫など,なんでもあります。建物の中は撮影禁止なので写真は外観だけですが,一見の価値ありですね。
赤嵌樓(ソーカンロー)です。オランダ統治時代
の名残の遺跡です。
オランダ人によって建設されました。 鄭成功(テイセイコウ)がオランダ人を台湾から
追い出した時の場面です。
オランダ建築の様式が残っています。 赤嵌樓の中の海神廟です。 海神廟には鄭成功が大きな額に
祀られています。
海神廟から隣の文昌閣をみたところ。 屋根の端には,鯉が描かれています。 2階の回廊は結構広い。
おもしろいでしょう。壺型の出入り口です。 文昌閣の土台だけは,オランダ統治時代からそのままの姿で残っています。
次は孔子廟です。台南の孔子廟は台湾で最も歴史があります。入場料は25元(約100円)。 入り口は一段高くなっていて,それだけ学問の
門はハードルが高いことを意味しています。
門を入ると正面に大成殿があります。 中には,このように孔子を中心に,台湾総統直筆の額がいくつもかけられています。
高弟や賢人を祀ったりする場所もあります。 昭和天皇が皇太子時代(大正13年)に,この
孔子廟を訪問した時の記念写真。
日本で言うと「絵馬」のようなもの。
こうやって願い事が並べられています。 雨天のため予定が少し変わり,最後は周氏蝦巻のお店です。ここの蝦巻は○○大統領も
召し上がったということで全国的に有名です。担仔麺も有名なので試食しました。おいし〜。