2007年12月31日 コタキナバル(2日目)

今,この地方は雨期なので天気を心配していましたが,今日も快晴です。

でも,キナバル山にだけは厚い雲がかかってきています。

朝食はビュッフェスタイル。今日は,キナバル森林公園に向かいます。市内から車で約2時間半かかりますよ。
途中の休憩場所には,お店がいっぱい。 さあ,森林公園に着いたよ。 散策コースができているんですね。
お花たちも,げんきですよ。そんなに色とりどりとはいきませんが,保護されて大事に育てられている感じですね。
やはり緑は気持ちいい。 一緒になったオーストリア人の皆さんは,暖かいこの国へのバカンスだそうです。
木道や橋も整備されていますね。 実は,体力に応じていろいろなコースが設定されています。
もちろんキナバル山への登頂を目指すコースもあります。
食虫植物のモニュメントもあるよ。 結構こういう吊り橋が多いんですよね。 木の実も食べられますよ。
だんだん奥地に入っていきます。 これも有名な食虫植物です。 イチゴのように見えますが,実は生姜の仲間だ
そうです。「ジンジャ-」と言っていましたから。
ランチはロッジ村の中にあるレストランにて。 オーストリア人に撮ってもらいました。 熱帯独特の花の色。
これはバナナの花ですよ。 ここから高さ40mの吊り橋に向かいます。 白いハイビスカス。
これは低い吊り橋です。 かわいい花も咲いています。 高い吊り橋までグングン登ります。
樹齢○○○年の大木。 その大木たちにかかる高さ40mの吊り橋です。 父さんは結構平気でしたよ。
吊り橋は全部で6本ありました。どの吊り橋も,すごく揺れてスリルがありました。下を見ると40mの高さですから,高度感もなかなかのものでした。
しかも最高6人までなのに何人も渡るんだもの。 ヤレヤレ,吊り橋やっと終わったわ。 森林公園からの帰り道。牧歌的な風景。
市内に戻り,夕食は海鮮レストランへ。 生け簀の中の物を注文します。 これはロブスターです。1kg以上はあるでしょう。
大盛況のレストランでした。 地元のショーも披露されていました。 さあ,A Happy New Yearの
カウントダウン花火が始まるよ。