2010(H22)8月25日 白峰三山
芦安〜広河原〜大樺沢〜右俣〜肩ノ小屋〜北岳(3193m)〜北岳山荘

この南アルプスの縦走コースは行ってみたいコース
でした。でも,前回の山行から3日しかたっていないし
天気予報は「晴れ」と「雨」が両方出ていて雨が降る
確率がとても高そうで,行くかどうか迷っていました。
家内から,「まとまった休みも最後だから,0行ける時に行った方がいいよ。行かないで後悔するより,行って後悔した方がいいよ。」と言われ,「やっぱり行こう。雨が降っても稜線の雷さえ避けられればいいから。」と思ってすぐに出発の準備をしました。 このコース,UttyやUttyの隊長さんが今夏に行っているので,最新のコース状況がよくわかります。本当はテント泊で行きたかったのですが,家内から「山小屋泊で行ってきて。その方が安心だから。」とのことで,今回も山小屋泊となりました。
始発の乗り合いタクシーに乗れてラッキーです。お盆過ぎの平日は,駐車場もがらがらでした。でも,夜叉神のゲートが5:20にならないと開かないので,しばらく足止めです。 広河原に到着。このゲートを通って,登山口に進みます。 すばらしい青空です。やっぱり来て良かったと思いました。北岳も朝日に輝いています。
この吊り橋を渡ってスタートです。 広河原山荘で登山届けを出します。 山荘はこじんまりとした感じ。
沢沿いの道を歩いて登ります。水の音がとても心地よくてすがすがしい道です。 大樺沢の登山道は北岳を見ながら登ることができますから楽しいですね。 沢を右に行ったり左に行ったりして登っていきます。
沢の広がりを感じるようになるとお花畑になっています。 後を振り返ると鳳凰三山が見えます。 北岳を正面に見ながらかなり登ってきたことがわかります。
お花の最盛期は過ぎていますが,まだ色とりどりのお花たちが咲いていました。二俣の右俣コースを進みます。
二俣から尾根に出るまでの右俣コースは,まだ,お花がたくさん咲いていました。
白根沢御池から登ってくる道との合流点です。 稜線も間近に見えてきました。 稜線への最後の登りです。
稜線に出ると正面北西方面に仙丈ヶ岳が見えます。 北側には小太郎尾根とガスに隠れた甲斐駒ヶ岳。 稜線の道標。
北岳に向かって歩いていきます。
ガスがひどくなってきているのがわかりますね。 肩の小屋に着いたときにはあたりは真っ白でした。 肩の小屋でお昼ご飯です。
薪ストーブの前でいただきました。 カレーライスです。 クライミングのボードもありました。
肩の小屋から北岳に向かいます。 もうひとがんばりです。 上ってきた道を振り返ると肩の小屋の青い屋根が見えています。
北岳に到着。 北岳の三角点です。 三角点の説明のプレートです。本当は「白根岳」って言うんですね。
北岳山荘に向かう途中にもお花が結構咲いています。
山小屋の方に聞くと,八本歯のコルから北岳山荘までのトラバース道に,
まだたくさん咲いているとのことでした。
登山道の印は緑色なんですね。 岩場らしいところが少ない道ですが,このあたりだけは,少し注意が必要かな。 八本歯のコルとの合流点です。
高山植物の保護を呼びかけています。 このあたりのお花が一番きれいでしたね。
絶壁のような所だけど,お花がきれいなんです。 咲き乱れているという感じでした。
肩の小屋に向かいます。 あの鳥は,雷鳥かな? 北岳山荘の屋根が見えてきました。
北岳山荘は増築中でした。来年あたりは,もっと部屋も広く多くなっていることと思います。 部屋は一番大きな部屋で雑魚寝です。でも,平日なので3分の2くらいの混み具合でした。 夕食です。ご飯の上に乗っているのは肉じゃがです。この肉じゃががとてもおいしかったですね。
夕方,ガスが晴れたときに間ノ岳方面を望む。 仙丈ヶ岳方面はずっとガスっています。 歩いてきた北岳方面を望む。北岳は奥に少し見えている山ですね。

 2日目に進む