2010(H22)年12月19日 竜ヶ岳
宇賀渓〜ホタガ谷〜遠足尾根〜竜ヶ岳〜石榑峠〜長尾滝〜宇賀渓

駐車場からの竜ヶ岳。朝日に美しく映えます。 宇賀渓の駐車場はガラガラです。 紅葉が少し残っていました。
歌碑が建っています。 崖に横穴が掘られているようです。 ドアの標識はこうなっています。
観測地点なんですね。
さあ,ホタガ谷から遠足尾根に向かいます。
裏道登山道という標識が目印です。
気持ちの良い山歩きです。
沢の水の音も聞こえてきます。
木漏れ日も気持ちいい。
登山道から見下ろすとホタガ谷の水の流れ。 何度か渡渉します。 今回は,雪が現れるのが早いですね。
谷筋は日があまり当たらないので雪が
残りやすいのですね。
こういう雪道を歩くのがとっても楽しい。 歩く道だけが雪で白く浮かびます。
結構たっぷり雪があるので嬉しくなってきます。 遠足尾根が見えてきました。 遠足尾根との合流点です。
遠足尾根に出ると藤原岳・御池岳もよく見えます。 登ってきたホタガ谷です。 幻想的な景色。
竜ヶ岳を目指しますよ。 稜線は,登山道に雪が残るだけですね。 この雪道がやっぱり楽しい。
分岐点を過ぎて。 竜ヶ岳はもう目の前です。 山頂が見えてきました。
山頂からは360°パノラマです。 三角点。 帰りは石榑峠(表道)を通ります。
石榑峠方面にも笹原が広がります。 この稜線の西側に樹氷ができていました。 青空に映える樹氷。
斜面の下の方には,樹氷がかたまって見えました。 東側の三重県方面。 石榑峠方面を見ると御在所なども見渡せます。
下り坂のスタートです。 重ね岩まで下りてきました。 重ね岩ってねじれるようになっているんですね。
さあ,ここを左に折れて石榑峠まであと少し。 この白くなっているところがきれい。 真っ白なのは雪です。ややグレーがかっているのは
砂です。
今日は一日中,晴天が続いています。 石榑峠に到着です。 舗装路をしばらく歩いて,長尾滝方面に下りていきます。
ここから,静かな山歩きがまた始まります。 砂防ダムを巻くようにして下りていきます。 今日は,砂山はパスです。
竜ヶ岳の沢は水が豊富です。 鉄ばしごを下りると長尾滝です。 梯子の下部からみた長尾滝。
正面から見ると,立派な滝です。 正面には「危険・注意」の看板が。 五段の滝です。水の音が心地いい。
山道コース(中道)との合流点です。 日の当たる斜面は,木の影も気持ちいい。 橋を2つ渡ります。一つ目は青い鉄の橋。
二つ目は白竜吊橋。 でも,この吊り橋,かなり危険な感じです。 表道の登山口との合流点まで戻りました。