2011(H23)年1月15日 高見山
大峠〜高見山〜大峠
大峠から入り,ベンチに登るルートが見つからず,ルート探しにかなりの時間を使いました。地図を見ると,方角はあっているんだけど,
ルートっぽいところを登っても雪が深くなって「ここは違うなあ」と引き返すこと数回。家内は,それで体力を使ってしまいました。

ルートを見つけたときには,
家内は「天気も良くないし,上は吹雪いているみたいだし,頂上へ行くのはやめとく。」とのことで,
かわちゃん一人で山頂までピストンしてきました。次回は,もっと天気のいい日に一緒に行こうね。

高見山山頂は,吹雪でした。「エビのしっぽ」もきれいにできていました。山頂から小峠側の方が霧氷がきれいな感じがします。
奈良県側から大峠に向かいます。車が2台先行して登っていましたが,50mくらい林道に入ったところで,2台とも「スタッドレスでも滑る」と言って,
バックで引き返していきました。「エ〜?ホントかいな?」と思いましたが,念のため,かわちゃんはチェーンを巻いて上がっていきました。
大峠の駐車場には,かわちゃん達だけでした。
高見山登山口にて。 この辺りはとても登りやすい。 でこぼこしているところもありました。
家内もがんばって登っていきます。 雪の量が豊富です。 この辺りでベンチにつながる道を探し回りました。
このあたりは腰辺りまで吹き溜まっていて,どう
考えてもルートではないですね。引き返します。
ルートを発見しましたが,家内は「疲れた。上に
上がっても景色も良くないから車に先に戻る」という
ことで,わかれました。
この,ベンチのあるところにつながる道に登るところで
迷ったんだよね。
ここからはジグザグの一本道です。 小枝も白く雪化粧。 霧氷の間を抜けていきます。
下山してきた人に1枚撮ってもらいました。ボケてる? 下界はガスっていて見えません。 雪もたっぷりです。
青空だったら気持ちいいでしょうね。 山頂の祠が見えてきました。 高見山山頂です。
小屋には8人くらいいました。 小屋の中にも雪が吹き込んでいます。 かわちゃんも雑炊を作って暖まりました。
小屋付近はすごい風。吹雪状態です。 エビのしっぽ。風が強いからきれいにできています。 天気がいいときにもう一度来ようっと。
小屋の脇を通って,下山します。 尾根から下山方面を見下ろしても,ガスってますね。 てんこ盛りの雪の中は気持ちいい。
ベンチの所まで戻ってきました。 団体さんにも結構出会いました。同じようにベンチへの
道を迷っている団体さんもいたので教えてあげました。
駐車場まで無事到着。結構な人の数です。
テントを張っている人もいました。テント泊かな?