2011(H23)年7月17日 奥穂西穂縦走2日目
穂高岳山荘〜奥穂高岳〜馬の背〜ロバの耳〜ジャンダルム〜コブの頭〜畳岩尾根の頭〜天狗のコル〜
〜天狗岳〜間天のコル〜間ノ岳〜赤石岳〜西穂高岳〜ピラミッドピーク〜西穂独標〜西穂山荘〜ロープウェイ〜新穂高温泉


ご来光を待つ北アルプス。一番手前に雪渓,向こう側に常念山脈,雲海,ご来光でオレンジ色に明るくなっている空。


奥穂高岳に向かって登り始めたところで振り向くと,朝日にまぶしく輝く北アルプス。


ジャンダルム山頂からの北アルプス大展望。ど真ん中に槍ヶ岳です。

夜明け前に奥穂に向かう登山者のヘッドランプ。 穂高岳山荘のテラス。 後ろを振り向くと,お月様も。

穂高岳山荘と涸沢岳
その奥にとんがり頭の槍ヶ岳。

常念岳方面の雲海から姿を現すご来光。

ジャンダルムに向かう先行パーティー。
今日は快晴。多くの登山者が西穂への縦走に向かいます。
逆方向からもたくさん登ってくることでしょう。

奥穂高岳山頂にて。
これから進むジャンダルム方面の稜線。
馬の背のナイフリッジに入っていきます。 急降下です。落ち着いて降りていけば大丈夫。 馬の背を見上げるとこんな感じ。登る方が楽ですね。
馬の背を過ぎると,ロバの耳とジャンダルムが
並んでそびえて見えます。
ロバの耳は巻いていきます。
丸印に先行登山者がいます。
巻き道を進むとジャンダルムがさらに大きく見えて
きます。
振り返ると,槍穂稜線が綺麗に伸びています。 ジャンダルムは直登する人が多かったです。 直登はこんな感じですが,かわちゃんは巻いて
反対側から登ります。安全第一です。
こんな岩峰でも高山植物はけなげに咲いています。 ジャンダルムの巻き道はこちらです。 「ジャン」と書いてあるところから登りましたが,
実はもう少し進んで(降りて)からの方が安全でしたね。
ジャンダルムから先に進む稜線の美しさ。 今回の目的「ジャンダルム」登頂です。足の痙攣もおさまり,西穂までレッツゴー。
ジャンダルム山頂からの大展望。槍ヶ岳から北穂高岳・奥穂高岳・前穂高岳,そして歩いてきた稜線,全て目の前に広がります。
ジャンダルムから降りて見上げるとさすが岩峰です。 西穂方面から見たジャンダルムは優しい感じ。 雲海に浮かぶ富士山。贅沢な景色です。
赤茶色のガレ場も多い。 ほぼ垂直の壁。でもクライミング講習より易しい。 可憐なお花たち。
朝日と登山者が重なり,幻想的な輝き。 岩の隙間に咲いてくれています。 登ったり降りたりの連続。
上高地方面も眼下に広がります。 天狗の頭が見えてきました。
左右非対称なのがよくわかります。
天狗のコルに到着。ほぼ中間点です。
ここから西側には笠が岳。 東側にはエスケープルートの岳沢。
雪が多いのでアイゼンとピッケルは必携ですね。
ほぼ垂直の岩を登っていきます。
クライミング講習より易しいです。
いくつかピークを越えていくと天狗岳ですね。 巻かずに稜線をそのまま踏み越えていきます。 天狗の頭までもうすぐです。
西穂からの登山者とも結構すれちがいます。
天狗の頭に到着。 間天のコルへ向かって降りていきます。 すれちがう数も多いのでゆっくりと。
乗り越えて鎖で降りていくところもあります。 降りて見上げるとこんな感じです。 逆層スラブの下りです。丸印は奥穂に向かう
登山者ですから登っています。
間ノ岳が目の前に大きく見えてきました。 ここもかなり急な壁ですが,手がかり足がかりは
多いです。
ザックが大きいと岩にこすれたりバランスを崩したり
しそうなので,かなり体力がいりそうです。
岩も太陽に熱せられて,岩にふれる手も熱い。 ぐいぐいよじ登ります 間ノ岳はペンキ印だけです。
ちょっとかわいそうかな。
間ノ岳から,さらに進む方面をみると,絶景で〜す。足,痙攣しないでね。
岩だけでなく,ちょっぴりハイマツも見えてきました。 こういう上り下りはたくさんありますね。 残雪と木々の緑のバランスも綺麗。
西穂高岳山頂に,たくさんの人が見えます。 この辺りもお花が咲いています。 西穂高岳は,もう目の前です。
このお花,お気に入りです。 西穂高岳山頂は満員でした。 笠ヶ岳をバックに山頂写真。
あとはいくつかのピークを越えながら西穂山荘まで
降りていきます。
お花の種類も多くなってきたかな。 雪渓が登山道のすぐそばまで残っていました。
軽装の登山者もいましたが,結構危ないところも
ありましたね。
たくさんピークがあって,これは
ペンキで「チャンピオンピーク」と書かれていました。
岩もいいけど,お花もいいなあ。
周りの景色を楽しみながら稜線漫歩です。 はい,左です。 ピラミッドピークと,今日歩いてきた稜線。
西穂独標まであと少し。 西穂独標です。この前は,西穂側からここまで
歩いてきたんです。
このあたりは一般の方々も結構たくさん見えました。
ハイマツの間を降りていきます。暑い! 西穂山荘に到着。水3Lは,全部飲んじゃいましたので
ここで1L買いました。
あとはロープウェイ乗り場まで。
自然園に到着。 帰りは,ひるがの高原SAで野宿。
芝生で平らのところが狭かったからね。
愛車インスパイアと大日岳。

1日目に戻る