2011(H23)年8月22日 安達太良山(1670m)
岳温泉〜安達太良山(表道)〜遠刈田温泉(泊)

蔵王坊平国設キャンプ場でテント泊の予定でしたが,大雨警報でバンガローもないとのことだったので,急遽旅館宿泊に変更しました。
安達太良山には,誰も登っていませんでした。安達太良山,独り占めしちゃいました。

岳温泉のメインストリート。 安達太良スキー場の登山口。 ゴンドラに乗ってらくちん。
「お客さん,今日一人目です。」とのこと。 安達太良山を独り占めですね。 最初は木道を歩きます。
降り続く雨で,登山道は川のようになっていました。 仙女平分岐の道標。本当はもう少し分岐は先です。
登山道が池のようになっています。 ここが本当の仙女平の分岐。 ここから先も登山道が川のよう。
火山の噴火時に出た岩石がみられます。 ガスっていても迷うことはありません。 ペンキの印は目玉のようです。
あと600m。 最後の登りです。 山頂がガスの中に見えてきた。
あと少し。山小屋との分岐点。 山頂もはっきり見えてきました。 安達太良山頂です。
晴れていたら,すばらしい展望なのでしょうね。
目の前には「乳首」と呼ばれる岩があります。 「乳首」に登りましょう。 石碑が建っていましたね。
「紀元2600年記念」と彫られていました。 岩石は溶岩ですね。火山だった証拠です。 安達太良山の山頂はのっぺりしています。
雨はやまず,帰りも登山道は川のまま。
立ち寄っていなかった薬師岳にも行きましょう。
「この上の空がほんとの空です」とのメッセージ。 ゴンドラ駅に到着。
帰るまで訪れた人は僕だけでした。
本当の独り占めでしたね。
「がんばっぺ福島」はいろいろな所で見かけました。 スキー場のお花畑。
自販機には,「節電中」「がんばれ東北」の文字が。
安達太良山から蔵王の遠刈田温泉へ。 量が多くて食べきれないくらい。 お酒は生の地酒です。

日光東照宮へ  日光東照宮へ