2012(H24)年4月15日 御在所岳・国見岳
中道〜御在所岳〜国見岳〜石門〜国見尾根〜藤内小屋〜中道


国見岳から北方を望む。白山や御嶽山・乗鞍岳も白く見えていました。


国見岳から南方を望む。御在所岳から続く鈴鹿山脈。

朝6:30。 中道から登ります。
裏道との分岐。 朝日がまぶしい。 負ばれ岩。
鎌ヶ岳が見えてきました。 伊勢湾方面も気持ちよく見渡せます。 少しずつ御在所岳が近くなります。
しょうじょうばかま。 定番のワンショット。 立岩と書いてあります。
ここを下りていきます。 この岩は右側を巻いていきます。 巻いたら急降下。
おっ,雪が出てきた。 まもなく山上公園です。 到着。登っている人にほとんど出会いませんでした。
山上公園を散策。 テント泊の人もいました。 タープにハンモック。これもいいなあ。
風もなく穏やかな天気です。 雪は少し残っていましたね。 裏道から国見岳に向かいます。
国見岳方面。 きのこ? 裏道の分岐。直進します。
国見岳が近づいてきました。 国見岳の帰りはここ(国見尾根)を通ります。 国見岳山頂にて。
標高は1175m。 山座同定板と慰霊碑。 石門に立ち寄りました。
石門の上でカップラーメンを食べて休憩。 国見尾根方面に進みます。 イワカガミなどもまだですね。
結構,大きな岩が続きます。 見下ろすと下界が広がります。 天狗岩。
ゆるぎ岩と天狗岩。 目の前のピークは右を巻いていきます。 岳不動方面は通行禁止です。
岩場もまだ出てきます。 藤内壁。クライマーの姿は見つけられませんでした。 ぐんぐん下りていきます。
境石の碑。 「界」と岩に刻んでありました。 ここから変なところに入ってしまいました。
下りてみたら,国見尾根から少しずれていたようです。 テントが2張。クライマーかな? 藤内小屋に到着。
登山者はあまり見かけませんでしたね。 中道への連絡通路。中道方面に向かいます。 ここでも変なところに入ってしまいました。
ロープウェイが近すぎるでしょう? ロープウェイ直下が伐採されていました。 鳥居道公園付近の桜並木。
満開だ。 きれい。 もう見納めですね。