2012(H24)年4月28日〜30日 徳沢テント泊・野沢温泉

家内は初めての上高地。朝日を浴びる穂高連峰を前にして,「あそこをずうっと歩いたんだよ。」と得意そうに説明するかわちゃんでした。
上高地・河童橋付近から見た穂高連峰・岳沢。

天気予報を見て,ダッシュで沢渡へ。 タクシー4人相乗りで上高地へ。 梓川のほとりで。
河童橋にて。 思ったより寒い。 ダウンジャケットを着て歩いてちょうどいいくらい。
焼岳。 小梨平の中。 梓川沿いは景色がいいなあ。
朝日がだんだんと穂高を明るく照らしていきます。 ここで朝ごはんにしましょう。 明神に向かって進みます。
明神岳。 結構な雪が残っています。 明神到着。
青空に雪と岩が輝きます。 ふきのとう。 池に浮かぶ明神岳。
登山道脇にふきのとうがいっぱい。 雪の上を歩くところもありました。 まったりと流れる時間。
徳沢ロッジは現在改修中です。 徳沢に到着。 元牧場だけあって,ふかふかの絨毯みたい。
生ビールで乾杯。 まだ午前中ですから,ぞくぞくと登山者が通ります。 夕暮れ時。テントも増え,静かに一日が終わります。
第2日目
今日も天気が良さそうだ。 テントには霜が凍り付いていました。 朝日を待つ山々。
朝ごはんにしましょう。 すっかり夜が明けました。 徳沢園の前に積まれた雪。
徳沢園の前で。 徳沢園ともお別れです。 テントも撤収して上高地に戻ります。
梓川の水は冷たそうです。 明神橋。 明神橋を渡って奥の宮へ。
梓川の反対側を歩いて上高地まで。 ここにも宿があります。 鳥居が見えますね。
嘉門次小屋を通って。 奥の宮です。 遭難者の慰霊碑もありました。
のんびりと上高地へ向かいます。 尾瀬のような木道です。 水がきれい。
エメラルドグリーンに見えます。 青空に白い雪のコントラスト。 家内も元気に歩いています。
いつまでも美しい姿を見せる穂高連峰。 山座同定の案内板。 河童橋が見えてきました。
ソフトクリームで小休止。 第1日目とは反対側の河童橋です。 焼岳の方に向かって歩いていきます。
ウエストン碑です。 アップで見てみましょう。 なるほどなるほど。
対岸の川原でくつろいでいる人たちもいます。 霞沢岳の紹介。 実際の霞沢岳。
穂高橋・田代橋を渡ります。 大正池まで行きましょう。 焼岳が近くなってきました。
観光客もたくさん来ています。 ここは撮影ポイントですね。 大正池の近くです。
大正池の紹介。 焼岳はすぐ目の前です。 大正池と穂高連峰。
沢渡で足湯に浸かり疲れをとりましょう。 野沢温泉に向かう前にそばを頂きます。 そば専門店です。すごい賑わいでした。
野沢温泉「いけしょう」
「いけしょう」は,古民家を再生した民宿です。スキーで一緒になった人から「ぜひ泊まっておいでよ。2階の部屋がいいよ。」と紹介してくれた宿です。
家内も古民家が好きなので,連れて行ってあげました。それから,野沢温泉スキー場で,スキー試乗会もやっていたしね。
少し迷いましたが,無事,到着しました。 2階の雰囲気,いいじゃないですか。 囲炉裏に鉄のヤカン。
階段を上がると黒光りした太い柱がいっぱい。 囲炉裏でイワナを焼いてくれます。 私たちにはお腹いっぱいでしたね。
落ち着いた雰囲気がいいです。 食事会場は2階天井まで吹き抜けです。 置物にも味わいがある。
せっかくなので,温泉街を散策。 源泉です。 地元の方が,温泉卵づくりをしたりや野菜をゆがいたり
していました。