2012(H24)年9月21日・22日 空木岳(2863m)

駒ヶ根高原スキー場〜鷹うち場〜池山〜マセナギ〜大地獄〜小地獄〜ヨナ沢の頭〜分岐〜空木平避難小屋(泊)


空木平避難小屋から空木岳を望む。右上の岩は「駒石」です。

駒ヶ根スキー場を抜けて林道終点。 登山口はわかりやすい。 お地蔵様。
遭難碑です。 安全登山を祈願。 傾斜も緩やかで登りやすい。
池山林道終点。 この近辺も散策にちょうどいい。 ちょっぴりお花。
どんよりした雲も出てきています。 登山道の標識。 ここから山道です。
鷹うち場を過ぎていきます。 平坦で歩きやすい。 お花もちらほら。
絶滅危惧種の紹介です。 このお花のこと? 水場に到着。豊富な水です。
休憩にちょうどいい。 坂が急になるけど登りやすい。 下山してくる人もいます。
池山と空木岳の分岐。 黄色いキノコみたい。 静かな山歩きです。
手作りのはしごや階段が多い。 足場の鉄パイプが組まれています。 岩がゴロゴロのところも少しある。
歩きやすいトラバース。 トリカブト。 駒ヶ根の町。
迷尾根に出ました。 木の間から中央アルプスの
南側の稜線が見える。
きちんと整備されています。
こういう木の根は貴重だな。 かなり高度を上げてきました。 こちらは中央アルプスの
北側の稜線が見える。
空木岳と非難小屋との分岐。 左側の避難小屋に向かいます。 このあたりは紅葉しかかっています。
これはきれい。 紅葉しているのがわかるかな。 実も真っ赤です。
第2日目
避難小屋とその奥に空木岳。 空木岳のアップ。 先週に続き,快適な避難小屋でした。
夜明け前。 外に出ると真っ白け。ガスです。 みんな,身支度しています。
ガスっているけど空木岳をバックに。 幻想的な下界の風景。 分岐を素直に下山です。
水墨画の世界。 しとしと雨で,まだいい方です。 鎖が滑りやすいなあ。
なんと,この雨の中,テント泊装備の
大荷物を背負った熟年夫婦が・・・。
尻無まで下りてきました。 水場で休憩。下山はあっという間です。
ぬかるんだ道を気をつけて歩きます。 無事下山終了。 記念写真を1枚。