2012(H24)年10月6日 黒部下ノ廊下(第1日目)

信濃大町駅前駐車場〜扇沢〜黒部ダム〜内蔵助出合〜白竜峡〜十字峡〜半月峡〜S字峡〜東谷吊橋(ビバーグ)


ヘルメット・スリング・環付カラビナを用意していきました。

テント装備なので、少しザックが大きいかな。

信濃大町駅近くの駐車場で前泊 朝5:30の扇沢行き始発のバス。 扇沢に着くと、長蛇の列。
扇沢から見た柏原新道。 黒部トロリーバスは6:30発の始発。 すごい登山者・観光者の数。
トロリーバスは満員御礼。 バスが出発しました。 黒部ダムに到着。
ほとんどの人はアルペンルートへ進む。 登山者は出口が異なります。 この扉を開けて登山道へ。
おぉ、これはひょっとして黒部の巨人か? 稜線も力強い。 お花もちらほら。
旧日電歩道を下りていきます。 黒部ダムの下まで下ります。 作業員の小屋。
黒部川を渡ります。 岩峰をバックに。 黒部ダムの観光放水。
黒部川の左岸を進みます。 一本道ですから、みんな同じ道です。 初めのうちは、のんびり歩けそうな道です。
足取りも軽快。 登山道の整備もしっかりしてもらってある。 内蔵助出合までは順調。
ここから少しずつ厳しい道になりよう。 かわちゃん、体調万全です。 だんだん流れが激しくなってきた。
岩場を登るところもある。 紅葉は少し始まっていますね。 黒部の渓谷らしくなってきます。

お花も励ましてくれます。


ナメ滝
岩のへつりを進むかわちゃんの後ろ姿。
新越沢合流点。 V字谷っぽくなってきました。 去年の雪がまだ残っています。
登山者が連なっているのがわかりますね。 落ちたら助かりません。 助けることもできませんよ。
それでも、皆、どんどん前へ。 高周りの桟橋です。 手作りの桟橋です。
桟橋の登り。 そして急降下。 水平な日電歩道が続きます。
黒部別山沢。 ここは休憩にちょうどいい。 のんびりしましょ。
ここまで歩いてきた旧日電歩道を振り返る。
V字谷の黒部渓谷を進みます。
このあたりから気が抜けなくなってきた。 急流の音がスゴイ。 いやはや、落ちたらおしまいですね。
よくこれだけの道を作り、黒四ダムを完成させてくれたと思います。 崩れたところは補修してもらってあります。
自分もドキドキだけど、他の人の歩いている様子もドキドキです。
左手は太い針金に手をかけていきます。 白竜峡へ。 小さな滝も。

足場はしっかりしてますが、高度感があるので、体は少し左寄りになりますね。
ところどころアップダウンもあります。 白竜峡。 看板も歴史を感じます。

この渓谷美を堪能できたことに感謝です。
白竜峡を過ぎると少し穏やかに。 安全な登山道も。 水場で休憩。
おいしそうな天然水。 ゴクゴクと飲んでしましました。 歩いてきた黒部ダム方面。
さあ、先は長いぞ。 ここは、昨年の崩落現場。 しっかり補修してもらってありました。
次は天然水のシャワーをかぶるところです 涼しくて気持ちいい。 岩がぬれていると滑りやすい。
十字峡まであと少し。 十字峡前の広場。休憩しましょうか。 十字峡の吊橋です。
かわちゃんは、結構、吊橋渡るの平気です。 足下から十字峡を見る。
吊橋は一人ずつ渡りましょう。 十字峡の流れが美しい。 後続の登山者も吊り橋を渡ってきます。

すごいガレ場。


作廊谷合流点。

高度感は100m以上かな?
ちょっぴり紅葉。 下ノ廊下らしい道。 下ノ廊下はまだまだ続く。

木の間から望む半月峡。


半月峡からS字峡へ。 黒四発電所からの送電線。 この山の中に発電所がある。
昔の人たちの苦労のひとかけらでも
感じられたことが嬉しい。
吊橋へ下りていきます。 結構揺れるんですよね。
一人ずつ渡ります。 utttyが先に渡ります。 吊橋途中で広場のテントが目に入る。
吊橋から発電所の送電線。 吊橋の高さはかなりです。 今日はこの辺でビバーグですね。

増水注意の案内板。
かわちゃんたちのテントは黄色。もう一組は熟年ご夫婦です。 作業場の人工物。

第2日目に 続く