2012(H24)年10月13日 涸沢・穂高 第2日目
涸沢〜北穂高岳〜涸沢岳〜穂高岳山荘〜ザイテングラード〜涸沢(テント泊)


モルゲンロートに染まる穂高連峰。


昨日に増して鮮やかな紅葉。


北穂高岳南陵から。


北穂高岳から大キレット・鑓ヶ岳を望む。


穂高連峰稜線から涸沢カールを見下ろす。


ザイテングラードを下りてきて色づく紅葉。


ナナカマドと前穂北尾根

夜明けの前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・涸沢槍・北穂高岳。
日の出前。テントの明かりがお菓子みたい。 夜が明けてきました。 稜線がまぶしい。
北穂から奥穂へと周回コースへ。 北穂南陵を登り始めます。 早朝は青空です。
昨日に比べると雲が多い。 霜柱だ。 標高2600mは,氷点下だったのですね。
北穂南陵から涸沢カール・前穂方面。 鎖場・はしご。 はしごを登ったところでパチリ。
ここはdocomoが通じたので家に電話。
オー!富士山が遠くに見えます。 南陵の名物岩。 奥穂高岳が同じくらいの高さに。
左側の常念岳のとんがりもよく見えます。
そろそろ穂高連峰稜線に出るよ。 北穂奥穂の分岐。 北穂高岳山頂にて。
北穂高岳でホットミルクをいただきました。 大キレットから槍ヶ岳への稜線。 槍ヶだけとは反対側の奥穂方面へ。
笠ヶ岳が右奥に美しい姿を見せる。 積雪が残っていました。 滝谷と槍ヶ岳。
青空に映える岩稜。 鎖やピンも使って下りてきました。 岩の脇を抜けていきます。
標高3000mの稜線から見下ろした涸沢。 涸沢岳に向かう稜線。 最低コルに到着。
笠ヶ岳・黒部五郎岳・薬師岳・槍ヶ岳 etc 北アルプスを一望です。
涸沢岳・奥穂高岳・前穂高岳 etc 岩稜の穂高連峰です。
お花たちは,もう枯れています。 ずうっと下の方に涸沢ヒュッテ。 台湾人17名のパーティー。
中国語で少しおしゃべりしました。
台湾人の方は岩稜帯に慣れていない様子。 振り向くと歩いてきた稜線が,
槍ヶ岳とともに広がります。
鎖やピンもしっかりしています。
後に続く登山者。 涸沢岳と奥穂高岳。 見下ろす紅葉も乙なものですね。
涸沢岳到着。 奥穂高岳山荘から奥穂高岳・ジャンダルム 穂高岳山荘に到着。
小屋の中にはストーブが。 明日の天気は「晴れ」。ラッキーです。 もう凍結しています。
ちょっと白出沢を覗いてきましょう。 5人ほど白出沢を登ってきています。 かわちゃんは涸沢に戻ります。
ザイテングラードから見下ろした紅葉。 登ってくる登山者。 ナナカマドの赤はアクセントになるね。
自分撮り。 オレンジ色っぽい紅葉も美しい。 振り返るととんがりの涸沢槍と紅葉。
涸沢の幕営場が見えてきました。 テントが昨日より一気に増えています。 雪渓と紅葉。
涸沢小屋のテラスも人気です。 涸沢小屋。 幕営場に登りましょう。
夕方はガスってきて稜線は見えません。 幕営の許可証。 夜は完全にガスっちゃいました。

第1日目に 戻る   第3日目に 進む