北アルプス 山行記録

最初のアルプスは北アルプスでした。それも単独で3泊4日です。不安でしたが,シャモニのH先生の言葉に励まされ,無事,帰ってくることができました。
その後は,少しずつレパートリーを増やし,2010年・2011年には,「大キレット」「ジヤンダルム越えの奥穂西穂縦走」にチャレンジしました。
あまり若くないので,2012年には危険そうな箇所「下ノ廊下」にも行ってきました。その他,「不帰キレット」「八峰キレット」「剣岳」など,岩稜歩きも楽しみました。
2012年ごろから,テント泊が多くなってきて,危険箇所を避けながら,のんびりゆったりアルプス稜線歩きを楽しんでいます。

2013_09_21
    〜08_22
北アルプス 燕岳(2763m) 1泊2日 単独山行
今回の3連休は天気がいい。3日目は長浜旅行が決まっていたので,最初の2日間を使って燕岳へ。しかし,中房温泉までの道が大渋滞。路肩のあいているところを探すのも大変でした。また,久しぶりの山行なので,体が慣れていなくて,バテバテでした。稜線では,槍ヶ岳を正面に見ながら生ビールを飲み,贅沢なひとときを過ごしました。
2013_08_10
  〜08_11
北アルプス 白馬岳(2932m) 1泊2日 単独山行
高山植物を堪能したくて,白馬岳を選択。天気はイマイチだったけど,お花は大当たり。
次から次に出てくるお花畑に「すご〜い」の連発。さすが花の白馬です。。
2012_10_12
 〜10_14
北アルプス 1日目 涸沢紅葉
2日目 涸沢〜北穂奥穂〜涸沢
3日目 涸沢〜上高地
2泊3日 単独山行
10年に一度のすばらしい紅葉との情報が入りました。評判通りの美しさでした。
「すご〜い。」「来た甲斐があった〜。」「別世界みたいだ〜。」と叫ぶかわちゃんでした。
2日目の穂高連峰周回も楽しかったな〜。
2012_10_06
 〜10_07
北アルプス 黒部 下ノ廊下 1泊2日 かわちゃん,Utty
一年間のうち、この時期の一ヶ月間くらいしか行くことのできない下ノ廊下へ。
すばらしい渓谷美を堪能しました。自然の偉大さと、昔の人の偉業に圧倒されました。
欅平から黒部渓谷鉄道・富山地方鉄道・JR北陸本線・JR大糸線乗り継ぎで信濃大町まで戻るのも楽しかったです。
2012_08_17
 〜08_19
北アルプス 第1日目 八方尾根 五竜山荘
第2日目 五竜岳
第3日目 鹿島槍,爺ヶ岳
2泊3日 単独山行
八方〜唐松〜五竜山荘。出発前の天気予報よりも天気がいいではないですか!
不帰キレットを見ながら八方尾根を登り,稜線を歩いて五竜山荘へ。
2日目は,朝11時前だったけど,激込みの冷池・種池を避け,キレット小屋を選択。
五竜,鹿島槍は,さすが日本百名山だ。眺望もすばらしい。
ど〜んと,どっしりと構えた五竜岳。華麗な双耳峰の鹿島槍ヶ岳。
どちらもお薦めの山ですね。扇沢からのバス・JRを乗り継いで白馬に戻るのも楽しかった。
2012_07_14
 〜07_16
北アルプス 白馬岳
杓子岳
白馬鑓ヶ岳
2泊3日 単独山行
高山植物のお花畑が見たかった。となると,白馬がいい。
大雪渓も登りたいし。前半は雨に降られたものの後半は天気回復。
お花たちに出迎えてもらって楽しい山行になりました。
山小屋1泊・テント1泊の2泊3日ののんびり山行でした。鑓温泉も初体験でした。

2011_07_16
  〜07_17
奥穂ジャンダルム
西穂縦走
1日目
単独山行 3連休前半は天気安定。でもクライミング講習が続いていて,ふくらはぎが痛い。古傷の膝も少し心配。それから最近山で長い時間歩いていないので体力も少し落ち気味。そして,なんと初日はお腹をこわして大変。水分補給もうまくいかず両足の太ももが痙攣。ザイテングラートで敗退しそうでした。
奥穂ジャンダルム
西穂縦走
2日目
一晩寝たら足の痙攣が快方に向かい,ジャンダルムに向けて出発。2日目は水3Lを持ちましたが,西穂山荘に到着したときは空っぽでした。たくさんの方のおかげで無事完登できました。ありがとうございました。
2010_09_18
  〜09_20
剱岳(2999M) 単独テント泊 今年行ってないのは立山・剱。是非,剱岳には行っておきたいと思っていました。ただ,気がかりは天気予報。剱岳アタック当日の降水確率が50%だったので思案していました。雨が降ったら立山三山縦走に変更することにして出発。すると,なんということでしょう。アタックの日が一番良い天気でした。剱岳の堂々とした姿に見とれた3日間でした。また,テント泊の良さを改めて感じました。荷物を絞って水2L込みで13kgにおさめたことも良かったです。
2010_08_19
  〜08_21
大キレット
北穂高岳(3106)
涸沢岳(3110)
奥穂高岳(3190)
前穂高岳(3090)
単独山行 やっとまとまった夏休みが取れました。天気もいい感じです。念願の大キレットに出かけました。2日目の大キレットを安全に通過するため,槍ヶ岳は登らずに南岳小屋に直接入るコースを選択しました。今回自分が行ってみて,「楽しい山歩き講座」の皆さんだったら,天気が良ければ誰でも行けると思いました。ただ,雨が降っていたり風が強いと危ないですね。大キレットよりも北穂〜奥穂の方が危ないかも。とにかく,無事,戻ってこれて皆さんに感謝です。今回の山行にあたってシャモニのH先生には軽いヘルメットを選んでもらいました。落石でけがすることなく,本当に充実した山行になりました。
2010_07_18
  〜08_19
白馬岳(2932m)
唐松岳(2696m)
Uttyとテント泊 交通事故で大破したのが白馬岳を目指していた4年前のこと。今回,高校の同級生のuttyのおかげで白馬岳行きが実現。ただし,体力に不安のあるかわちゃんは,やはり2日目後半ダウン。歩行時間が8時間を超えると足の指先が痛いわ・頭がぼーっとするわ,uttyに迷惑をかけました。でも,白馬岳に行けて嬉しい。uttyありがとう!
2006_10_06
2006_10_07
2006_10_08
2006_10_09
涸沢 Tさんとテント泊  10月の北アルプスは初めてでした。初日・2日目と雨に降られ,しっかり体が冷え,3日目はとどめの吹雪となりました。「遭難ってこんなふうになるんだ。」と感じました。 奥穂高岳・北穂高岳の登山はできませんでしたが,美しい紅葉を満喫できました。そして,何よりも多くの教訓を得ることができました。 Tさん,いろいろお世話になり,ありがとうございました。
2006_08_18
2006_08_19
2006_08_20
2006_08_21
裏銀座・雲ノ平単独山行・山小屋泊まり しっかり歩いた4日間。思い出深い山行となり,ちょっぴり自信がつきました。
第1日目新穂高〜双六〜三俣 晴天に恵まれ,北アルプスの大展望にうっとり。
第2日目三俣〜鷲羽〜水晶〜烏帽子 鷲羽・水晶からの360°のパノラマ。裏銀座を烏帽子まで。
第3日目烏帽子〜裏銀座〜雲ノ平 雲海を従えての裏銀座。祖父岳を越えて雲ノ平へ。
第4日目雲ノ平〜双六〜新穂高 雷鳴轟く早朝出発。
2006_08_11 西穂独標 妻と二人で 仕事のため16日までアルプスはじっと我慢の予定が,辛抱できず出発。
ロープウェイを使えば妻も行きたいとのこと。温泉旅館もサービスしちゃいます。
2006_05_04
2006_05_05
2006_05_06
蝶ヶ岳1日目 Tさん夫婦と GW初アルプスです。晴天の中,徳沢までテントを担いでいきました。
蝶ヶ岳2日目 約6時間,10本爪アイゼンでの登りです。そのご褒美は雪山の絶景でした。
蝶ヶ岳3日目 いつまでも広がる360°パノラマ。富士山まで見えました。最高の3日間でした。
2005_08_05〜
  2005_08_07
立山(雷鳥沢)妻と二人で北ア,テント泊 雷鳥沢は,とても気に入りました。お花もいっぱいです。
立山三山縦走妻と立山をぐるりと一周です。 時々青空が広がり,気持ちがよかったよ。生ビールと焼きうどんがグッド。
奥大日岳妻はお疲れ,テントでお留守番。 お花がいっぱいの奥大日岳。無理矢理でも妻も連れていけばよかった。
2004_08_22
北アルプス
蝶ヶ岳
常念岳
大天井岳
槍ヶ岳
単独山行
3泊4日
(初めての北ア)
槍ヶ岳に名残を惜しみながら上高地へと下る。
2004_08_21 吐く息も白くなる寒さの中を槍ヶ岳へ。
2004_08_20 強風の中を,360°のパノラマを楽しみながら大天井へ。
2004_08_19 稜線に出ると槍・穂高連峰がすばらしい。町並みも美しい。